<   2011年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

9周年

http://gree.jp/c_ute/blog/entry/585713209

グッときてラストに凄いオチが!
いや、でもそれも込みで舞美最高です。
[PR]
by 7492b10 | 2011-06-30 22:35 | media | Comments(0)

ハロー!プロジェクト デジタルブックス

c0161326_2151737.jpg

2011年7月は岡井千聖が登場!という告知でサンプルはなぜあやちょ?
[PR]
by 7492b10 | 2011-06-30 21:53 | media | Comments(0)

生スマ!~ハッシュドポテトは#smileage~

本番前の隠し撮り、観れてねー!あ、並びが新しいのに変わってる
c0161326_21223541.jpg

ゆうかりん髪の毛延びた&この髪型イイ感じです
c0161326_21231637.jpg

℃スマコンでのカンチョー
c0161326_21232467.jpg

今週もこのコーナー
c0161326_21233272.jpg

感想をまとめるなら「埼玉!」
c0161326_2123408.jpg

新曲『有頂天LOVE』を流しながらフリとか
c0161326_21235070.jpg

コールの入れ方とか
c0161326_2123575.jpg

あやちょの「どうだ」がかわいかった
c0161326_2124786.jpg

あやちょ「クラブアトロ」
c0161326_21241487.jpg

ライブハウスツアーのタイトル
c0161326_21242286.jpg

今日の格言「福田花音はろくでなし」はスタッフのカンペから
c0161326_21244046.jpg

[PR]
by 7492b10 | 2011-06-30 21:35 | media | Comments(0)

David Bowie Dead Against It

c0161326_1484864.jpgArista, BMG (74321 181682)
1993
1. Buddha Of Suburbia
2. Dead Against It














表題曲のBuddha Of Suburbiaも悪くはありませんがc/wのDead Against Itがかなり好き。
なんか初期のBowieらしさがあるようで、だけど別にこれと似た曲は無いような。
歌い方が昔に近いからそんな気がするのかも。



[PR]
by 7492b10 | 2011-06-28 01:53 | CD | Comments(0)

℃-ute 鈴木愛理 ソロ2L判生写真2枚セットD

c0161326_1125638.jpg
c0161326_1131210.jpg

愛理の後ろにあやちょ!それにしても撮ってる場所が...
[PR]
by 7492b10 | 2011-06-28 01:14 | live | Comments(0)

スマイレージ和田彩花 ソロ2L判生写真2枚セットD

c0161326_143246.jpg

c0161326_15022.jpg

あやちょの後ろに愛理!生写真買うとかボノコン以来で二回目
[PR]
by 7492b10 | 2011-06-28 01:11 | live | Comments(0)

℃-ute&スマイレージ プレミアムライブ2011春 ~℃&Sコラボレーション大作戦 最終章~ 6月24日

・募金はスマからで有頂天LOVE衣装
・並びはかにょん→ゆうかりん→あやちょ→サキチィーで新曲からの新並び
・あやちょポニちょ
・サキチィーの笑顔百点
・捌けレスは(あやちょとかにょんが悪いという訳ではなく)ゆうかりんとサキチィーが良い
・℃メンは℃ST。
・並びは愛理→マイマイ?→なっきぃ?→ちっさー?→舞美
・2つ結びの愛理の笑顔にやられ過ぎてしばらく記憶が...
・舞美の満面の笑みで意識が戻る
・通路での捌けレスは先頭を歩く愛理と最後尾の舞美がズバ抜けていました
・マイマイ&なっきぃ&ちっさーは喋りながら歩いていて、これはこれでREAL TO REAL


01. JUMP(全員)
02. ◯◯ がんばらなくてもええねんで!!(全員)
- MC1(全員~途中から℃のみ)
03. 有頂天LOVE(スマ)
04. 桃色スパークリング(℃)
05. Kiss me 愛してる(℃)
06. 恋にBooing ブー!(スマ)
07. 踊ろうよ(スマ&℃バックダンサー)
- MC2
08. オトナになるって難しい!!!(鈴木岡井和田前田)
09. めぐる恋の季節(矢島中島萩原福田小川)
10.SHINES(℃&スマバックダンサー)
- ○×クイズ(優勝者は好きな曲を、好きな相手1人と一緒に、デュエットができる)
  ※℃メン優勝の場合はスマ・スマメン優勝の場合は℃メンを指名する
11. タイムカプセル(矢島福田)※回替わり曲(クイズの勝利者と指名されたメンバー1人)
12. コラボレーションダンスバトル
  大きな愛でもてなして vs 恋にBooing ブー!
  ◯◯ がんばらなくてもええねんで!! vs LALALA 幸せの歌
13. 女ばかりの日曜日(スマ)
14. Midnight Temptation(℃)
15. 夢見る15歳(スマ)
16. 超WONDERFUL!(℃)
17. Danceでバコーン!(全員)
18. スキちゃん(全員)
ENCORE
- MC3
19. シューティングスター(全員)
20. まっさらブルージーンズ(全員)


以上、太字が新たな選曲でカットされたのが以下になります。
01. 青春ソング(全員)
02. 同じ時給で働く友達の美人ママ(全員)
05. 会いたいロンリークリスマス(℃)
06. ショートカット(スマ)
19. でっかい宇宙に愛がある(全員)
20. 桜チラリ(全員)



・ヲタTは青
・JUMPが一曲目は青春ソングよりいいんじゃないでしょうか
・がんばらは... 最近やってなかったとはいえ断然美人ママ支持派
・あやちょ、MCで喋ろうとしたときマイクが歯におもいっきりぶつかる
・有頂天LOVEは問題無いけどショートカットがなくなったのはイヤだ
・もう6月だしロリクリやらないのは正しいし桃スパは好き
・クイズは舞美&愛理&あやちょが残った時点で色んな事情を察知してひく
・愛理が同じ誕生日だと知らされた高田延彦の物真似をふられて「出てこいや〜!」をやれた時点で
 とりあえず事情もわかるけどこういうあからさまな仕込みは... 上手く騙して欲しいよ!
・「ズッキというニックネームをつけたのはつんく♂さんである」この質問にあやちょが×を選択した
 時点で事情を作る大人達に怒りが
・優勝は舞美で相方はかにょんで選曲はタイムカプセル
・タイムカプセルは嫌いな曲じゃないけどスマとの合コンで聴きたいか?また大人達に怒りが
・以前も書いたようにクイズやめれば二組は歌えるし、今回も3公演あるんだから全員一周するだろ
・MT、やっぱカッコイイし会場の熱量上昇
・ワンダホーも三拍子でしょ
・合コンのアンコでシューティングスターとか激胸アツ!あやちょメインの曲が合コンのアンコだよ!
・だけどあやちょがソロで歌うところをもう少し残して欲しかったという思いは「あやちょの事だから
 こんなに言うんだぞ!」と言うよりは、あの歌唱力のあやちょが歌うことで全ての願いが叶いそうな
 気がする、それがこの曲の魔法じみた一番のポイントだから、です!
・でもあの9人の、色んな人を差し置いてあやちょがセンターにいる絵は最高でした
・まっさらのラミラミは愛理の腰の動きに注目せざるおえない
[PR]
by 7492b10 | 2011-06-25 11:06 | live | Comments(0)

スマイレージ 2011 春 Limited Live "S/mile Factory" 6月12日

相変わらず書くのが遅い、12日も前のライブ。


会場に着いたら既に入場の呼び出しは始まっていたけれど、整理番号が1000越えの自分には無関係。
あれば買おうと思っていたチャチャルルーのグッズがまだあったので購入。昼公演の終了後には売り
切れだったとか。現物が醸す空気は中々で、以前載せた名刺付きで2000円は納得のアホグッズです。

c0161326_1412308.jpg

ちなみに入場は1000番を越えていても、最前付近を除けば開演前なら余裕を持ってみんな立っている
から割り込んだりせずに前方のブロックへと行けます。で、この日は花道が中央にせり出していたので
普段よりはっきりと右サイドで待機。


01. ショートカット
MC
02. 乙女パスタに感動
03. 恋をしちゃいました!
04. I & YOU & I & YOU & I
VTR(番組グッズ抽選会)
05. 有頂天LOVE
MC
06. ぁまのじゃく
07. しっかりしてよ! もう
08. 女ばかりの日曜日
VTR(スマイルファクトリー番宣)
09. ロマンティック浮かれモード
10. サンキュ! クレームブリュレの友情
11. パン屋さんのアルバイト
MC
12. 夢見る 15歳
13. This is 運命
14. 同じ時給で働く友達の美人ママ
15. スキちゃん
ENCORE
16. RAP BATTLE
MC
17. 恋にBooing ブー!
18. オトナになるって難しい!!!



ショートカットでライブ開始。勿論かなりの圧縮が押し寄せる。更に曲中、花道へ四人が移動すると
ヲタも中央寄りに動くという、中々ヘビーな状況ではあったけれど、それ以上に約7ヶ月ぶりの単独
ライブがようやく!というのに加えて曲の大スキ度(今年のトップ3にランクイン中)+ あやちょが
ポニちょでかわいさ完成度が凄まじいとか、とにかく様々なハンパ無い高揚感の方が圧勝。一発目の
衣装はショートカット衣装に、より花を足した感じ。

MC自己紹介であやちょ「あやちょブラボー!とスマイレージブラボー!って沢山言って貰えるように
頑張ります。行きますよ。あやちょ!」「ブラボー!」「スマイレージ!」「ブラボー!」「よろしく
お願いしまーす」いつも通りと言えばいつも通りだけど、ちょいちょい引っ掛かりがある面白さです。
かにょん「スマイレージのセクシー担当、かにょんこと福田花音です!」これは新しい挨拶のパターン
だったはず。会場は笑いながらエーイングでしたが「シンデレラレボリューション」の言い方にお色気
注入にはメンバーもかなり笑っていてました。

乙パスでは幸い、この選曲とショートカットのあとでMCを挟んだおかげか圧縮終了。
恋しちゃはCDだと高音キツ過ぎだけどライブの方はしっくりきます。
I & YOUは最初何の曲かわからず、サビでわかってタンポポ固め撃ち!くらいにしか思わなかったけど
この曲ってタンポポのベスト&ラストアルバム『All of タンポポ』に収録された、スマと同じく四人組
だった2期タンの新曲&ラス曲だったということはあとから知った。このライブにふさわしい、意味の
ある選曲だったんですね。でも個人的には去年の6月に横ブリでやった夢15シングルイベで、これまた
同じく四人組だった3期タンの『BE HAPPY 恋のやじろべえ』が、タンポポのカバーでは一番のハマり
具合でした。湿度と無縁の、明るくハジけた曲調がぴったりで物凄くスマの魅力を引き出していたから
いつかまた観たかった。

抽選会はV。1000番台呼ばれたとき「くるー」って高まりましたが結果は「こねー」

有頂天LOVE初披露。衣装は曲衣装。事前に聞いていた通りユーロなアレンジ。イケイケでもかわいい系。
意外に良い感じです。笑えたのが曲終わりであやちょ「なんでこんなに知ってんの?」と驚く程にみんな
相変わらずヲタ声の入れ方やフリコピ同期が早い。それと「つんく♂さんにスマイレージ四人でもええん
ちゃう、と言って貰えるようにこの曲でオリコン一位をとれるように頑張ります」このあやちょの発言に
会場は歓声と拍手。
ぁまのじゃくはあやちょの「スマイレージが最初に頂いた曲です」という曲紹介で始まって、イントロの
間にステージ上の早着替えでワンピに。あやちょは途中で左サイドの方に行っちゃったとか間奏がすぐに
きてショートだとわかってちょいがっかりとかスクリーンに初披露時のVが流れる演出は素晴らしいとか。
表情を見たかったけど花道で歌うあやちょは自分の位置からだと後ろ姿。それでも首筋に流れる汗を見て
いたら、なんだか感傷的な気分に。この曲とあすデーっていくらヲタがコールしても決して入れやしない
四人だけの閉じた世界を感じさせてくれて、そこがたまらなく大好きで。だから四人でこの曲をやるのを
観るのもこのライブが最後になっちゃうのかなーと思うと、ちょっと悲しくなった。
しっかりしてよ! もうはあのミニワンピでセットの階段に座ったり立ち上がったりなもんだから見えたり
見えなかったりで、見たり見なかったり。とりあえずブレイクでの推しメン絶叫TIMEはみんな凄かった。
女ばかりの日曜日はあやちょかにょん組が下手に行ってるときはゆうかりんサキチィー組の手フリです。

Vはスマイルファクトリーの番宣伝的な。それにしても改めて観ても、宇宙BIG対談はホントにオモロいし
新キャラ設定でのゆうかりんキレキャラに興奮する奴多いし。DVD発売は嬉しいニュース(でも数日後に
知った今月で番組終了は残念なニュース)。

ロマモー歌い出しはまさかのかにょん!スクリーンにはミキ様のPVも。衣装はメイド風のドレスでこれは
かなりかわいかった。ふっくらしているから下に仕込んでいるであろう、衣装にも期待。盛り上がったけど
ソロじゃないからコールで揃えられない部分が。いやー、でもマジで楽しかったし「大の大人が!」
クレブリュは久々感。曲もフリも、間奏のかけ声にクラップも、ハイレベルに好き。
パン屋さん、やっと観れたー!ショートカットシングルイベはボノコンで行けなかったし、ブー!イベでは
三回目にやったから(自分が行ったのは二回目)初見。頭から最後まで、何?この幸せな感覚?特にサビで
リズムがディスコな4つ打ちになるところや、歌うメンをみんなで指さすフリも込みで、最高に楽し過ぎる!
この曲も今年のトップ3にランクイン中。

夢15はイントロがロングエディットでステージ上の早着替え。脱いだら紺ジャケで軽く!ガッカリしたのは
俺だけじゃないはずどころか、それは後日の生スマで言っていたようにかにょんも十分わかっていた。いや
でも、曲自体は相変わらずアガります。
運命は予想以上にヤバくて、最初からおまえらのコールの合わせっぷりは凄いしストップ&ゴーな展開から
サビのバーストでモッシュは当然だし(軽いもんですが)『いい子でね!』はゆうかりんパートだったけど
そこであやちょはほっぺに人差し指を当てながら、首を傾げてニッコリ笑顔!って、これに超絶やられる!
こういう様々な、各種高ぶる感情が同時に混じることって、アイドルのライブでしか味わえないものです。
美人ママは個人的にはスキちゃんより盛り上がります。それにしても殴られ続けられるようなセトリ。
スキちゃんでトドメをさされる。

アンコでの「スマイレージ!」コールは久々だし言いづらい。
アンコ明けはスマイルファクトリーのRAPのVが。そこで韻踏合組合の人に「(ライブで)今から作る曲を
やってもらいます」と言われたサキチィーの「なんで?」がループされてスゲー笑えた。いや、素朴だけど
確かに!Vが終わるとスマイルファクトリーTシャツと赤のタータンチェックのミニスカ、そしてキャップに
デカいグラサンをかけた四人が登場。進行は須磨いる夫さんがスケジュール的に無理だったので、あやちょ
曰く「じゃあヒマな人が来たってことか」と言われた須磨レイジは説明不要、いつもブーイングされるあの
人です。で、ラップバトル開始前「お渡しした投票用紙は持ってるかい?」はい?持ってねーわ。いやいや
入場するときフライヤーなんかと一緒に渡されたかもしれないけど、スタンディングの会場に持ち込むか?
バトルはサキチィー&ゆうかりんのお笑いチームからで番組でやったのを、割とそのまま。対するDAWA&
かにょんの悪ガキプリンセスはラップをしながら二人で合わせたフリもかまして、かなりかわいい、脱力の
完成度で圧倒しつつ、でも曲の最中に後ろで見ていたサキチィー&ゆうかりんも途中からフリに合わせたり
手をつないでぐるぐる回ったりして、これがまた笑えてかわいかった。あとオモロかったのが須磨レイジに
「かにょんをラップで罵ってやれ!」と言われたゆうかりん「オーケー罵ってやるぜー!」と勢いよく言い
放ち「行きますよー」と普段みたいにほんわか言ってから「デレデレラデレデレラ、デレデレラ、ぽー!」
これはナイスな煽りでした。

衣装替えはグラサンとキャップを外して。あやちょはポニのリボンがスカートと同じ柄。マジかわいいっ!
ラストのMCはあやちょブラボー!×3のスマイレージブラボー!×1。かにょんは少し泣きそうだったけど
結果的には泣かず、しんみりもせず
「(新メン発表後)新しくなったスマイレージはももいろクローバーZよりも、私達が総選挙に参加しても
全員が上位をとれるような、そんなスペシャルな、パワーアップしたスマイレージになっていくと思います
ので、っていうか絶対なるので、みなさんこれからも応援よろしくお願いします」
これはカッコ良かった。

ブー!はそういえばやってなかったなってくらい。
オトむずはあやちょの曲紹介「本当にラストの曲です、私達」続けて四人で「オトナになるって難しい!!!」
タイトルの意味通りの選曲なラス曲。




昼は、スタンディングだから狭いながらも、みんな上手く場所をとれていたし、目の前には邪魔にならない
レベルで華麗な手フリをこなす、ワンランク上のおっさんがいたり、暴れる曲ではぶつかることはあっても
不快にならない程度だったんだけど、夜公演の初め、前方ブロックでは割り込んで来た集団が最前や周囲を
押しまくる、ヒドい状況。あまりの惨状に後ろからは「次、押したら×すぞ!」とか聴こえてくるし。ただ
最初が殺伐とし過ぎたからか、途中からは寧ろ昼より場所に余裕が。メジャーリーガーと言われた(それは
明らかに言い過ぎですが)スタンディングのボノコン常連の自分からしても、ちょっと変な感じでした。

そんなこともありつつ、やっぱ途中から面白かった夜公演。
抽選会は「こねー」

07. シューティング スター

ぁまのじゃくが終わってこのイントロがかかった瞬間、ちょっと泣きそうに。ぶっちゃけ合コンで連発され
ライブでやるのが少しだけ飽きかけていたのに、この曲の魅力は確かで、曲順の位置とフルだからこそ輝く。
これは、繰り返しになるけど、正しい曲の並びでした。

クレブリュくらいからオケの音トビがあって続くパン屋さんでも、ついには夢15曲中で音を止める事態へ。
その直後にあやちょの「機械が盛り上がり過ぎて壊れちゃった」というフォローは見事でしたが、なにげに
周囲で一番盛り上がったのは音トビの初めの方。歌いながらあやちょが本当に驚いて目が泳ぎまくっている
姿に後ろにいた奴らが「あー、あやちょかわいい〜」声に出すな、声に!でも激しく同意な出来事。

最後のMCは出て来たとき、かにょんは昼よりかなり、そしてあやちょも喋り出す前はうるっていた感じ。
やっぱりそういう気持ちだったのならそれはわかる。でも本当の意味ではわからない、わかるはずがない。
夜はあやちょブラボー!とスマイレージブラボー!交互に×3くらいでした。

19. 有頂天LOVE

ダブルアンコでもう一回。なぜかフリコピかませる程に場所も更に開けたのでフリコピかます。


あすデーを筆頭に、スマのオリジナル曲で聴きたいものはあったし、何よりも半年以上ぶりの単独ライブ
だったということが、とんでもなく勿体ない期間だったと思いつつも、それ以上に終わってみれば楽しい
時間を過ごせた。このライブだけじゃなく色んなことがあっても結果的そう思えれば、って理想の人生。
長文を書くのに疲れて、よくわからない〆。
[PR]
by 7492b10 | 2011-06-24 14:15 | live | Comments(0)

生スマ!~ハッシュドポテトは#smileage~

今日は制服衣装
c0161326_21253682.jpg

あやちょ、ディスコのことを「チェスコ」
c0161326_21255238.jpg

あやちょ「鳩が一杯いたからあそこは平和」これは名言でした
c0161326_21262281.jpg

かにょん「こういう感じ」
c0161326_21263786.jpg

ここからしばらくツイッターで募集していた『学園有る有る』
c0161326_21265248.jpg

怖い話をするゆうかりんの横で耳をふさいで「あー」と言い続けるあやちょ
c0161326_21271112.jpg

グッズのペットボトルケースから速攻出して飲むあやちょ
c0161326_21272710.jpg

あやちょは給食で揚げパンが出たこと無いそうです
c0161326_21274152.jpg

ゆうかりん「鈴木さんは本当にかわいい」
c0161326_21281478.jpg

愛理の後ろにあやちょ
c0161326_21283047.jpg

あやちょの後ろに愛理
c0161326_21284239.jpg

秋ツアーのタイトル発表
c0161326_21285510.jpg

このタイトルにゆうかりん「そんなにミニスカート履くの?」ってオモロい返しでした
c0161326_2129977.jpg

今日の格言、無かった
c0161326_2129209.jpg

[PR]
by 7492b10 | 2011-06-23 21:50 | media | Comments(0)

Smif-N-Wessun Wrekonize

c0161326_154395.jpgWreck Records (WR20161-2)
1995
1. Wrekonize (Remix Vocal)
2. Wrekonize (Remix Instrumental)
3. Sound Bwoy Buriell (Re-Edit Vocal)
4. Sound Bwoy Buriell (Re-Edit Instrumental)












明日というか今日は晴れて暑そうなので。
Grover Washington Jr.のJust The Two Of Us使い。
曲終わりにちょっとだけ歌が入るところもイイ感じです。



[PR]
by 7492b10 | 2011-06-22 01:17 | CD | Comments(0)