<   2011年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧

Dennis Brown I Hope We Get To Love In Time

c0161326_23374933.jpgErrol T (Matrix: DSR 2431 A / DSR 2432 B)
1977
A. Dennis Brown / I Hope We Get To Love In Time
B. Mighty Two / Timely Lover













c0161326_2338258.jpg

元5th DimensionのMarilyn McCoo & Billy Davis Jr.のカバーです。
シンプルな演奏に素晴らしいMIX。そしてDennisのこの歌声...
自分にとってどういう曲なのかを誰かに説明するなら、悲しいときも聴ける曲。


[PR]
by 7492b10 | 2011-01-31 23:49 | 7inch | Comments(0)

「悪ガキッ①」発売記念イベント「感謝祭2010~スマイルプレゼント(*^_^*)~」 12月19日(中編)

一ヶ月以上前のイベ。前編からの続き。


音楽の時間はピアノバージョンでアルバム曲を。伴奏はボイトレの先生でもある杉浦先生。それで
歌う曲は学級委員長。ピアノ伴奏でこの曲をやるとか超良さそうじゃないすか?そう!これがまた
素晴らしかった。聴いているうちにざわつく気持ちが一周して静かになる。そして終わった瞬間に
心の中で大きなため息。こんな時間を過ごせるなんて幸せだなという想いと、歌詞にあるのと同じ
意味のようなため息だったのかもしれない。イベが始まってからあやちょばかりを見ていたけれど
歌っている姿というのはまた違うものがあって引き込まれる。この距離ならではの気恥ずかしさは
常にありつつ、でもこの近さであやちょのことを見つめていられるのも今だけ。人生、あやちょを
見ていない時間の方が長いから。だけどずっとは目が眩む。無理はせずに三人チラ見もたまにあり。

次は『今年一年を振り返るのコーナー』で、ボックスの中から引いたお題は「今年自分が一番活躍
出来た瞬間」。ちなみにこれはスケブに解答を書くのだけれど、ゆうかりん「かくす、って?」と
漢字が思い出せず「左側って何偏でしたっけ?」と客席に問いかけると「こざとへん」と返答あり。
それに対してあの喋りでボソっと「なんだそれ?」自分から尋ねておきながら!というのと確かに
こざとへんとか言われてもピンとこないわ!という、ツッコミ&共感の人が大多数で会場は爆笑。
で、ゆうかりんの解答は「千と千尋の神隠しのカオナシとハウルの動く城のカルシファーの真似を
したとき、一番輝いていた」即あやちょが「じゃあやって」とリク。一発目は声が喉に引っ掛かり
やり直し。左右にいるサキチィーとあやちょはマジックを横にして指先でつまんで、ゆうかりんの
目線の先に。モザイク的な意味合いか?事故ということも無く、お馴染みの安定した物真似でした。
あやちょの解答は「シューティングスター」この解説で「歌割りの少ない方は貰ったとき嬉しい。
だからこんなに激推しするだよっていうね、そういう理論がある訳ですよ」これはさっきも楽屋で
かにょんに力説していたというエピソードをゆうかりんが付け加える。歌割りをネタとして気兼ね
なく笑えるのって、他だとブログでも触れていた道重さんくらいか?サキチィーの解答「ライブで
学級委員長のMC」ツアーで学級会司会進行役だったことですが、ゆうかりんによると「一番年下
なのに、つんくさんに紗季ちゃんが上手いから紗季ちゃんが選ばれた」そうです。この話の最後に
なぜだか「年上だったのにね」と言いかけ言葉を濁す。これは単純に年上と年下の言い間違いなら
そこにこだわる?それともゆうかりんとしては「年上なのに◯◯」みたいな?かにょん「あんまり
憂佳やらないよね」ゆうかりん「そう!下手だもん!」食いつきはえー!客席からも同意の笑い?
かにょん「違うよー」ゆうかりん「そう?」あやちょ「でも結構ね、覚えているよね。人のとこ」
ゆうかりん「え、そう?そお?ありがとう」会場にいる誰もが「完全に照れてる!」と思ったとき
絶妙なタイミングと、ちょいオモロい発声で「照れてますよ!」さっきの漢字のときもそうだけど
ゆうかりんのお笑いセンスは高いと思う(ダジャレについては深く考えることじゃない)。そして
ここでは笑いへオトせたけれど、とにかく【照れる】または【恥ずかしがる】仕草の組み合わせの
良さは高いというより確実に頂点レベル。


参考動画1


参考動画2



おもれー!なんて感じで関連動画とかまでついつい観ていたらすっかり時間が... 。
話を戻すと、かにょんの解答はオープニングの「踊ろうよ」で「一人で前で踊って後ろにバック
ダンサーさんが三人も付くことなんて滅多に無い訳ですよ」あやちょ「無いよ!」と返し、更に
「真野ちゃんに生まれ変わらない限り無いよ」バックダンサーを付けれるのは真野ちゃんだけ!
なんてことはないけど大笑いでした。



先週中に書き上げるどころか終わらず、まさか三部作になるとは。続きは完全に二月突入です。
[PR]
by 7492b10 | 2011-01-31 00:31 | event | Comments(0)

Twitter / スマイレージスタッフ

そういえば、昨日の再配信後に残念過ぎるお知らせ...

予定はございません。RT
@airiyoshikawa: この衣装の再使用はありますか? RT
@Smileagestaff: 900人突破! ( #smileage live at
http://ustre.am/d8oP)




[PR]
by 7492b10 | 2011-01-27 23:36 | media | Comments(0)

生スマ!~ハッシュドポテトは#smileage~

『ショートカットあいうえお作文』
c0161326_2154548.jpg

『ショートカットで川柳』お題が5・7・5なのにこの答え!
c0161326_2155378.jpg

『スマイレージあいうえお作文』
c0161326_2155938.jpg

『スマイレージあるある川柳』
c0161326_2161019.jpg

やっぱあやちょスゲー
[PR]
by 7492b10 | 2011-01-27 21:14 | media | Comments(0)

生スマ!~ハッシュドポテトは#smileage~

http://ameblo.jp/wadaayaka/entry-10780479910.html

c0161326_02128.jpg

画質がいいのとオモロいのとで最後まで観てしまった
[PR]
by 7492b10 | 2011-01-27 00:03 | media | Comments(0)

「悪ガキッ①」発売記念イベント「感謝祭2010~スマイルプレゼント(*^_^*)~」 12月19日(前編)

一ヶ月以上前のイベです。


会場はアップフロントグループ本社ビル1Fパシフィックヘブン。いわゆる本拠地、総本山。自分は
非FC会員なのでパシイベなんて無関係。個別握手会にも行ってないのでこの日が初めての赤羽橋。
パセリでもお馴染みのファミマを横目に、事務所の近所にあるという公園を探そうと歩いていたら
すぐ発見。これはちょい早めに到着したので時間を潰す目的だけでしたが、少し近づくと明らかに
見覚えある景色?「あー!ちっさーと桃子が歌っていた公園じゃん!」って感じで気がつきました。
岡井ちゃん、寝る!の第二回の後半でロケに使っていたところです。そういえば事務所の裏の公園
じゃん、みたいなレスが実況であったような。まあ、知ってる人は何を今更な話ですが「あそこの
ベンチにちっさーと桃子が座っていたわ!」なんだか軽く感動です。第二回は一番好きな回だし。

集合時間が近くなったので並ぶも、予定時間の10分強は押してようやく入場。入り口でスタッフに
座席番号が書いてある紙を渡される。そしてそれを見た瞬間、心の中で大絶句。会場の座席は横が
10で、縦は数えなかったけど、8だったらしい。え?縦を数えなかった理由?自分、二列目なんで!
一枚買ったアルバムで応募して、超選民イベに当選で、おまけに座席は二列目なんてありえな〜い!
こんな最高に感じの悪い自慢をここでやらないでいつやる?つーか確実に最初で最後だと思います。
ちなみに僕が参加したのは15時からの回で、椅子の上に置かれていたチラシに書かれている内容は
毎回違っていたらしい。それにしても始まる前から感じていたのは、80人って人数としては少なく
ないのに、キャパ80のイベだと人の少なさは想像以上。

ステージにはホワイトボードがあってメンバーの手書きで色々と。一番大きく目立つのが以下の文。

1. 出席確認
2. 音楽
3. 道徳
4. 音楽
5. ホームルーム


日直 福田花音と書かれていたり、スマイル学園のルールとか給食当番 小川紗季と書かれている紙が
貼ってあったり。つまり今回のイベはそんな方向性で進むらしい。始まる前から既にお腹いっぱいの
満ち足りた気分でしたが、アルバム曲の踊ろうよが流れ出し、本編がいよいよ開始!

制服衣装を着たかにょんが一人で登場して、そのまま曲に合わせてフリ。もうフリが出来ているんだ
なんて思うのと同時に、マジ距離ちけー!そして体を目一杯使って踊るかにょんを観ていると、この
小さな体で長時間歌って踊ってのライブをやるとか凄いよなーと改めて。ところで、いつまで一人?
すると、なぜか微妙にためらいながらといった様子であやちょ・ゆうかりん・サキチィーが出てくる。
下は当日の衣装の参考画像。変更点は半袖シャツが全員同じ白の長袖ブラウスになっているくらい。
始まる前の様子から考えればこの衣装に意外性0。ただし目の前にこの姿で現れた衝撃は強烈過ぎ!
あやちょはポニちょでもありました。

Share photos on twitter with Twitpic


話を戻すと、あとから来た三人は立ち位置的にはかにょんよりも少しうしろ。そして明らかに前にいる
かにょんを見ながら踊っていて、途中で怪しくなって笑ったり。あー、なるほどね、三人はフリコピで
踊ろうよを踊ってみた 【福田花音】 だったのか!「今日はこれで終りです」そう言われても許せます。

学級委員長のかにょんから今日のイベは学級会スタイルで行うとのこと。それから一人づつ挨拶をした
のですが、これが1の出席確認。てっきり会場にいるヲタの点呼をとるのかと。で、忘れていた起立・
礼・着席をみんなでやって、四人もステージ前方の椅子に座る。えーと、凄くヤバいです。あやちょが
二列目からのほぼ0ズレ。どうしよう?って、どうしようもない程に嬉しいし緊張も。脳内で目が合う
のも現実に違いないけど、この距離で何度も目が合うのは夢に違いない!

まずは踊ろうよを踊ってみたの話を軽くしつつアルバムトークへ。テーマが書かれた用紙をボックスの
中から引く形式。最初のお題は「この曲をこんなシチューエーションで聴いて欲しい」これにあやちょ
「海の家でイベントをやって踊ろうよを踊ろうよ」このあとかにょんが他の人にも話を聴こうとしたら
あやちょ「ハイハイ!」と更に付け加え「沖縄で大きな輪になって花音ちゃんの考えた振り付けで踊る」
すると意外なことにかにょんの反応は「そこまできたらちゃんと振り付けの先生に考えてもらった方が
いいと思います」にょん様謙虚!というかリアリスト?引き続き同じ質問でゆうかりん「学級委員長を
学校で聴いて欲しい」この会場において、それが叶う人数は片手の指でも余るだろうな。「でも学校で
聴いていいのかな?」と言うゆうかりんも「給食の時間とか」という結論に。それにかにょんが言った
「ちょっと給食せつないね」笑っちゃう返しでした。質問、続いています。サキチィー「〜美人ママを
バイト先で聴いて欲しい」その状況を叶えられる職場環境は限られていそうですが、この会場において
バイトをしている人数は片手の指では足らないだろうな。ここでオモロかったのがサキチィーの答えに
あやちょ「コンビニでかければいいんだよ!」勢いよく発言するも誰かが「コンビニ限定?」すかさず
あやちょ「とか。とか、とか.. とか... 」最後は消え入るような囁きでひとり言状態、三人は会話続行。
こんなの生スマとかでたまにある!そんな生スマを生の光景として他では、ゆうかりんにめっちゃ顔を
近づけて見つめるあやちょや、その二人で何も話さず見つめ合っていたり、サキチィーがゆうかりんに
くっついてちょっかい出す場面とか。かにょん?進行頑張ってました!濃密過ぎな生スマを生の光景。
最後に答えたかにょんは「シューティングスターを草原で聴いて欲しい」綺麗にまとめてくれました。
次の質問は「こんなアルバムじゃなくてよかった」ここは短かったけどゆる〜く笑える心地良いgdgd。



今日はとりあえずここまで。疲れました。続きも長文になるのか、または一気にはしょってしまうかも。
頑張って今週中には書く予定で。
[PR]
by 7492b10 | 2011-01-26 00:39 | event | Comments(0)

衣装。(あいり) / Gang Of Four - To Hell With Poverty (TV Live)

http://gree.jp/c_ute/blog/entry/543720772

c0161326_133765.jpg

こういうかっちりした衣装でBuono!の楽曲やればカッコイイと思います。
ハイブリの後半に着ていたああいうのとか。
ちょっとPVの衣装が曲に対して当たり前っぽい。


スーツ着てこういう音楽やっている人は怖いなーみたいな話。


[PR]
by 7492b10 | 2011-01-25 01:56 | media | Comments(0)

Buono! 『雑草のうた』 (MV)



地味な曲だなーと思いながら聴いていたけれど、繰り返すサビの良さが途中でわかって
ハマる感じ。新曲だからライブは一曲目の可能性が高そう。PVは... メイキングに期待!
[PR]
by 7492b10 | 2011-01-25 01:16 | media | Comments(0)

Buono!チャンネル

http://www.youtube.com/user/buonochannel

オープン記念と高まった気分の勢いだけで、シングル好きな3曲をリリース順に語ります。




当時、ホントのじぶんはピンと来なくて。でもこの曲はめっちゃ好きになりました。
一枚でシングルイベに当選したのも、あの頃は送ったら当たるくらいにしか思っていなかった。
℃-uteの都会っ子イベに続いて、人生二度目の握手会。そのときの愛理は今でもよく覚えていて
PVと同じ衣装と髪型で、最強過ぎ!のツインでした。
イベの当落といえば、このあとのアルバムイベはハズレてひどくショックでした。
でも同じ日に行った℃-uteのLALALA 幸せの歌イベは当選とか。あれって確か東京厚生年金会館
5回廻しだっけ?いくらなんでも愛理に握手やらせ過ぎみたいな。
なんだか曲についてはほぼ語ってないですね。





Dolceバックのときのベースとドラムが重くなるのが凄くアガる。
フリコピするもよし、Bメロの愛理コールやPPPHをやっても楽しい。
ちょっとここまでライブ限定での話でしたが、こんな感じで盛り上がる曲ながら歌われる歌詞は
喪失感も含んでいて、もう最高です。シングル曲では一番好き。





リリース時は完全に過小評価。そのあとMJのDolceバックで「あれ?結構良くね?」
だけど決定的になるのはWe are Buono!ツアーでのDolceバックで頭のコールやり直しとかで
お約束ながら完全にぶちかまされた、あれ。Winterフェスタ!でもやっていたけれどあのときは
ライブの一曲目でオケだった。それでもCDのテイクも十分良いしPV自体もかなりイイ。


最近こういう曲感想をダラダラ書くのをやっていなかったけど楽しいです。こんな感じで去年の
楽曲大賞を今月中(今更)にはやりたいけど、残り一週間で一月終わるとなるとキビしいかも。
[PR]
by 7492b10 | 2011-01-24 01:43 | media | Comments(0)

Buono! Channel オープンコメント



なんか色々、高まる!!!
[PR]
by 7492b10 | 2011-01-24 01:17 | media | Comments(0)