<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Fishmans ナイトクルージング

c0161326_21131910.jpgPOLYDOR (PODH-1288)
1995
1. ナイトクルージング
2. ナイトクルージング *Plasma Mix




















美しさも怖さも、って言えばこの曲はそれをよく表している。
これも96年10月頃購入。
最初はPlasma Mix怖えー、とか思ったけど (人魂感?) 繰り返し聴いているとPlasma Mixはある意味
そうした部分をわかりやすくした感じ。それによってアルバムの流れだと気づかなかった、その怖さも
ドラマチックでなく、当たり前にある美しさと混在するオリジナルヴァージョンの凄さに改めて驚くと
同時に、気づくの遅せーよ!なんて感性の鈍さに軽く凹んだりもした。


どこかのライブ会場で貰っていた95年、シングル・リリース前のフライヤー
c0161326_2241973.jpg


[PR]
by 7492b10 | 2009-07-31 18:10 | CD | Comments(0)

Fishmans 空中キャンプ

c0161326_1656508.jpgPOLYDOR (POCH-1550)
1996
1. ずっと前
2. BABY BLUE
3. SLOW DAYS
4. SUNNY BLUE
5. ナイトクルージング
6. 幸せ者
7. すばらしくてNICE CHOICE
8. 新しい人









c0161326_1657088.jpg

1996年の10月頃の話。
大ファンになったので、アナログを買った数週間後にはCDも当然買う。
初回限定ピクチャーレーベル仕様、とのことですが帯にはこれが記載されたままで中身のCDは既に
通常仕様のも売っていた (ケースが透明だからCDのレーベルが見える向きなので確認できた) 。
そんな余談を思い返したのも今日の昼間、まさにNICE CHOICEの歌詞「もう溶けそうだよ」状態。

このアルバムの英語タイトル、SOMETHING IN THE AIR以上にハマる言葉は見つけにくいけれど
時間の流れ、別になんてことのない感情からそうでないとき。夏の湿度、夜に吹く風や朝の静けさ。
美しさも怖さも、って全然まとまらない!だけどそういうことだと思います。

c0161326_194155.jpg


[PR]
by 7492b10 | 2009-07-30 18:08 | CD | Comments(0)

Mellow Madness compiled by DJ BOBO JAMES a.k.a D. L.

c0161326_2237554.jpg

DBC-027
A1. キエるマキュウ feat. KASHI DA HANDSOME / DO THE HANDSOME
A2. YOU THE ROCK / FUKUROU (YAKANHIKOU)
A3. KAMINARI-KAZOKU feat. HI-D / 哀愁 '97
B1. SUIKEN × S-WORD feat. D.L. / STONE STEALERS
B2. SOUL SCREAM / 君だけの天使
B3. RIP SLYME / 白日 (ALBUM VERSION)
C1. TWIGY feat. P.H.FRON / 夜行列車
C2. MURO / 真ッ黒ニナル迄
C3. YOU THE ROCK feat. TWIGY / FREE
D1. キミドリ / 自己嫌悪
D2. ECD / SUMMER MADNESS
D3. PRIMER / ORANGE
E1. スチャダラパー / サマージャム '95
E2. MELLOW YELLOW / V.S.O.P. Part Ⅱ
F1. HELL RAISER CARTEL feat. TWINKLE, IQ∞, JOHNNY DIABLO /
  SUPA M.C’S PT.2 (L.W. PT.3) ~SKY HIGH MIX
F2. BUDDHA BRAND / ブッダの休日



聴いたことあったのはBUDDHAとスチャとキミドリ、HELL RAISER CARTELの4曲。
マキュウのDO THE HANDSOME、トラックが最高に気持ちイイ。O'Jays Meet The Momentsに
収録のMeeting You Was No Mistakeが元ネタだって。
前作以上にインストで聴きたい曲が多いです。


[PR]
by 7492b10 | 2009-07-29 22:35 | LP | Comments(0)

冬の怪談~ぼくとワタシとおばあちゃんの物語~

11時頃に現地到着したけど意外に人もまばら。しばらくすると一回目上映の舞台挨拶が終わったらしく
たちまち1Fフロアに人が溢れる。そして帰らない!そうか次も、か。そんな感じで二回目の舞台挨拶は
まず7割は間違いなく、ひょっとしたら8割「先程もいらっしゃった方々」でした。いつものことです。
で、舞美ですが髪型はフツーに降ろした状態で衣装は白のワンピース。光ってました!花音を観るのは
オトムギ美女木ジャンクション、ボノコン前座に℃コン前座の真野ちゃんバックダンサー以来の四回目。
加護ちゃんに顔が似てる、っていうの確かに納得しました。髪型はポニーテールでかなりかわいかった
ですけど。舞台挨拶の方はイイ雰囲気で行われましたが、もう少し舞美に喋って欲しかったのが本音。
それと挨拶が終わり本編の前に帰る人が結構いたのは... わかるけど、う〜ん。

じゃあ映画の話。
台本は売り切れだったので物語を読み込んでいない批判かもしれませんが、観たあとなら台本あっても
買ってないかな。なにしろ中々の××映画でしたから。
説明過剰なのも映画としては駄目だけど、これは悪い意味で説明不足。結局のところ暇つぶしですかね。
悪霊の目的は。霊能者は他にもいる、的なことは劇中でも言ってたけど。でもホント花音のばあちゃん
どんだけデカい能力を持っていたんだよ!っていう。ちびっ子3人wktkだったんだよね?あとゾンビが
家のドアすり抜けるのはアリなの?乗り移られたのと、そうでないのがいたけど肉体は、じゃないの?
これは大したことじゃないけど、ツボにハマったゾンビが拳銃!あとはこれ記憶違いかもしれないけど
兄ちゃんの友達拳銃ゾンビが世界征服とか言ってなかった?それと花音の雑木林ダンスは笑いそうに。
舞美のキャラ自体はかなり魅力的だったけど、アクション含めて見せ場が多い気がしない。登場人物も
少ないのにそうなってしまう。とにかく全体的に「見せ方」が悪い残念な仕上がりでした。

でも舞美の姿がスクリーンに映る魅力、っていうのは十分過ぎる程に伝わった。それはこの作品を観た
誰もが思う評価のはず。次があるなら、次こそは。
[PR]
by 7492b10 | 2009-07-28 23:25 | media | Comments(0)

℃-ute イベントV 「暑中お見舞い申し上げます」キューティーガールズ修行中〜苦悩の120日間〜

c0161326_18111228.jpgTGBS4562
ー題目ー
萩原の憂鬱
一筋の光
鶏の機織り
溢れ出る湧水
飛んだ鶏
夜明け前
明日へ・・・










c0161326_18112568.jpg

結局オクでの暴騰には手を出せず、というか手を出さず。それはもうイベは観たいし、握手だってしたいけれど
40分そこらにそこまでは、っていうのが今の気分。
で、とりあえず今日は火曜日にある「冬の怪談〜」の舞台挨拶のチケがあれば買って、無ければ11時半からの
上映を観てから赤坂へイベVを買いに、という予定をなんとなく前日に立てる。でも全然気合いも入っていなく
目覚ましもナシで起きたから映画館へ着いたのが11時頃。幸いチケはあったので買ってそのまま赤坂へ。
現着から1時間程、グッズ販売は12時過ぎだったから開始20分くらいで無事購入。無事、っていうのもマジで
今日は尋常じゃない暑さ。並んでいた場所が日陰だったのと500ℓのお茶inペットボトル持っていてよかったよ。

イベVの帯には「暑中〜」の映像は一切収録されておりません、って!つーかこのチャプターのタイトルは?

まずは3月初旬から話はスタート。Buono!ライブの思い出に浸る愛理。僕も未だにそうです
c0161326_21394333.jpg

愛理にマイマイ「また食いしん坊キャラ?」怖えー。ちなみにVのナレーションはなっきぃ
c0161326_2156466.jpg

「一家揃ってみんな寝坊」遅刻したちっさーの発言に爆笑するマイマイ。フィクションじゃない?
c0161326_2261343.jpg

なっきぃかわいい。舞美もある意味イイ顔してた
c0161326_22155951.jpg

「今後キューティーガールズを続けていたいなら寝坊なんてしてたらあかんよ!」愛理なぜ関西弁?
c0161326_22221810.jpg

それに対してこの返し「すんまへんなー」声のトーン、表情、ちっさーガチで凄いと思いました
c0161326_22282755.jpg

なっきぃ「パ!」ちっさー「は?」こっちも「は?」です
c0161326_22351373.jpg

梅さんの発言を要約するとキューティーガールズは「一回観ればもう十分」完全同意
c0161326_22432060.jpg

開始から8分46秒「やっと中島が口を開いた」なっきぃのナレーションでこれはオモロ過ぎだろ!
c0161326_22525134.jpg

「遠巻きに矢島はつまらないと言う岡井」なっきぃの全員名字呼び捨てのナレーション笑えるなー
c0161326_236724.jpg

「本人達が一番楽しそうだ」うん、それ大事だけどここまではつまらないですよ
c0161326_23154961.jpg

でもこの振りが出た瞬間、笑っちゃいました
c0161326_23213414.jpg

「窓ごし目」セルフ・ナレーション・ツッコミはオモロいし、ジャージ姿のなっきぃはかわいいし
c0161326_23295255.jpg

「細かいチェックを入れる梅田」さすが梅さん。でもこの人達何やってんだ?なんて疑問が今更
c0161326_2340162.jpg

時は流れて5月。後ろ姿からかわいい
c0161326_23513482.jpg

ホント何やってんでしょう
c0161326_002651.jpg

あれ?でもカッコイイかも。いや、たぶん気のせいです
c0161326_03048.jpg

6月、ゲキハロ千秋楽の楽屋。このジャンケン・シーンはなにげに見所テンコ盛り
c0161326_0104572.jpg

うわー、実際やると想像以上にgdgdでした
c0161326_0174829.jpg

乙でした
c0161326_0211955.jpg

トータル42分収録です
[PR]
by 7492b10 | 2009-07-27 00:26 | DVD | Comments(2)

The Large Professor I Juswannachill

c0161326_23344665.jpgGeffen Records (GEF12-22220)
1996
A1. I Juswannachill (Clean)
A2. I Juswannachill (LP Version)
A3. I Juswannachill (Instrumental)
B1. Hard! (Clean)
B2. Hard! (LP Version)
B3. Hard! (Instrumental)
B4. The Mad Scientist (Remix)









Wild PitchのロゴがあったりThe LPのカタログ番号まで載っていたりタイトルの移り変わりを実感したり
I Juswannachill→ Ijuswannachill→ I Juswanna Chill

BeatnutsのStraight Jacketのネタで知られているMonty AlexanderのLove And Happinessの頭のギターを
まんまイントロで使用。メインのループはPete Rock & C.L. SmoothのCarmel City、De La SoulのDinninit
DJ BEAT feat.SOUL SCREAMのFREE WAYと同じMilt JacksonのEnchanted Lady。
以上3曲は割とネタの雰囲気通り内向的な仕上がりだけど、I Juswannachillはまた違ったハードな感じがして
超カッコイイ。これ級がもう一曲、アルバムにあったら評価変わっただろうね。


[PR]
by 7492b10 | 2009-07-24 00:41 | 12inch | Comments(0)

The Large Professor Get Off Da Bullshit

c0161326_20475147.jpgNot On Label (RA-028)
1994?
A. Get Off Da Bullshit (Main)
B. Get Off Da Bullshit (Instrumental)














ブートです。
例によってリリース年はDiscogsを参照だけどホントかな?95~96年くらいかと思ってた。
前の持ち主にマジックでラベル表面にThe Large Professorと書かれてます。
右上のステッカーらしきものはコピー用紙貼付け。
音もよくないけど、今の所ここでしか聴けないこの曲のインストが入ってるのがポイント。
まだたまに見かけるし全然高いレコードではありません。

聴き比べが面倒なので確認してないけど、このタイトルだからたぶんブートと同じ

[PR]
by 7492b10 | 2009-07-22 20:52 | 12inch | Comments(0)

The Large Professor The LP

c0161326_20524048.jpgGeffen Records (GEFCD-24953)
200?
1, Sunrise
2, One Plus One
3, Hard
4, Spacey
5, For My People
6, Hungry
7, Get Off The Bullshit
8, Funky 2 Listen 2
9, Dancing Girl
10, Have Fun
11, Ijuswannachill
12, The Mad Scientist


c0161326_20542686.jpg

これが売ってた時期が思い出せないけど、たしか1st Classの少しあと。買ったのはCISCOのHOUSE店。
CDの在庫数が沢山あったわけじゃないけどジャンル的には豊富だったし、輸入盤CDも他店より安かった。
ちなみに渋谷タワレコでも売っていた。それが数年前から値段が高騰、去年はブートのCD-Rも出る程に。
まあ今となっては正規再発されたので、これらのことは無意味と言える。

さっき "ブートのCD-R" と書いたけど、このCDだってブートだ、っていうこと。当時からみんな知ってた。
Discogsによると「promo versionはディスクの表面が白」。これを信じていいのか?だし画像無いしね。
あと更にDiscogsだとこのCDもリリースが96年になっちゃってるんだよなー。そこは絶対違うでしょ。
Large Professor本人もインタビューでジャケのデザイン・曲順含めて勝手に出された、なんて言ってるし。
そうなると銀ディスクと全く同じジャケのデザイン・曲順の白ディスクもホントに正規promoなの?という
疑問も。本人の関与しないところでGeffenが勝手にやったとしても、それは当時のいきさつを思い返せば
わからなくもないけど、気になったのは正規再発CDとの聴き比べをして感じた疑問点をなぜかQ&Aで。

Q:3曲目のHardの頭に一瞬ビートの音が
A:正規だと15秒程ビートを追加してる

Q:10曲目のHave Funの曲終わりにFor My Peopleのリプライズが、これまた一瞬
A:正規だと18秒程リプライズはある

Q:11曲目のIjuswannachillの曲終わりにFunky 2 Listen 2がリプライズというには半端な長さで
A:正規だとIjuswannachill (I Juswanna Chill) の次の曲はFunky 2 Listen 2

曲順としておかしい、というより曲の前後がこうして少しおかしなことになっている。白ディスクだと
この辺はどうなってるのか?それともこんないい加減な部分も含めた正規のpromoを当時のGeffenは
作ったのだろうか?あと1st ClassをHipHopSite.comで買った人のオマケで付いたThe LPのCD-R
気になる (これはさすがにLarge Professor関与してるでしょ)。
ついでにジャケ付きのアナログ盤The LPもここで語るなら当時レコ屋のポップに「音悪いです」って
書かれていて買いませんでした。確かに現物を持っている人達もそれは認識済みで後に高騰した際は
喜んで売った、っていう。それでも... あの頃に買っとけばよかったと思います (転売目的でなく)。

じゃあ最後にやっとこのThe LPの感想を。
渋めの良盤、っていうくらいです。正直彼1人のMCでは地味。Main Sourceでも彼は1MCでしたが
91年のトラックと96年のトラックでは勿論全然違うし。生演奏も随所に足され、さらにカラフルな
サンプルにスクラッチのあるBreaking Atoms、そこにはグループとしてのマジックもあったはず。
しかし90年代半ばのトレンドは基本シンプルなループが主体だったので彼の華やかさに欠けるMCは
単調に聴こえてしまう。それと実はこれがこのアルバムの高評価には到らない最大の理由で、決して
ソロの為に最高のトラックを用意したと思えない。わざわざ書かなくても、だけどProducerとして
この頃はまだ超一流だったし、こんなもんじゃないだろ?なんて気がどうしても。

そして念の為に。地味で華やかさに欠ける彼のMC大好き & The LP正規再発素晴らしいことです。

とりあえず1曲目のSunrise

[PR]
by 7492b10 | 2009-07-21 23:24 | CD | Comments(0)

Family Man & Knotty Roots Distant Drums

c0161326_7253637.jpgFam's (Matrix: AB 5009-A / 5010-B)
1974
A. Distant Drums
B. Version











c0161326_7254675.jpg

以前も、そしてこれから何度も書くけれど音楽を聴く楽しみの1つに「!?」というのがあって、つまり理解が
出来ない部分もかなりあるけど圧倒的にカッコイイ!みたいな。

Bob Marley & The Wailersのベーシスト、Aston Familyman Barrettの7inchもそんな魅力溢れる1枚です。
Vivian Jackson & The Defenders "Love Thy Neighbour" のインスト、っていうかナイヤビンギVer。
ちなみにexなコンディションで$80。安くはないけど高くもない気がします。
www.wailer.deというサイトではこんな記述も↓
Bunny Wailer on funde, Bob Marley, Peter Tosh on repeater drums.
へー、信じていいんですかね。あの3人が参加してビンギドラム叩いていたんだ。74年リリースもここの情報。

それにしてもこれを7inchで出すのが不思議で仕方ない。とにかく素晴らしい演奏で神秘的な曲調なのだけれど
こんなのまで当時のサウンドシステムでかかっていたの?ドープ過ぎるだろ、っていう話です。まあタイトルに
偽りナシ、遠くへトバしてくれる曲。そういえばRicoにも同名異曲が。これまた強烈で82年に2TONEから出た
2枚目のアルバムJama Ricoへ収録されています。

Love Thy~ 方面からの調査ならBlood & FireからのYabby You Jesus Dread 1972~1977のライナーを。
こっちはDefendersレーベルから72年に7inchのリリースでBunny Wailerがパーカッション、Dirty Harryが
あのホーン・フレーズ頑張った、的なことが。あと余計な情報を追加、Strictly Vibesだとリリースは74年...
もうどうでもいいや。結局Reggaeは調べるとわからないことが増える!っていうオモロい現象。

CDだとAston Barrett名義のCobra Style: Lost Productionsで聴ける。AmazonならUSの$18.98が最安。
あ、これはDistant Drumsの話でB面のVersionはAston Familyman Barrett名義のFamilyman In Dubで
聴けます。A Distant Dubというタイトルがそれ。こっちのCDは安いです。


[PR]
by 7492b10 | 2009-07-20 00:49 | 7inch | Comments(0)

PIZZA-LA フランス産カマンベールチーズと厳選4種ハムのピザ

c0161326_215791.jpg
c0161326_2151713.jpg
c0161326_2152696.jpg

久しぶりの明るいニュース!あと次のツアーのVもまたよろしく
[PR]
by 7492b10 | 2009-07-17 21:07 | media | Comments(0)