<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

よろセン! 世界のオカズ

リアクションとしてマイマイ正解です
c0161326_0463760.jpg
かわいい
c0161326_0531283.jpg
舞美おかしい
c0161326_0452685.jpg

謎の仕草
c0161326_0564279.jpg
なぜか笑えた画像の3連発
c0161326_048199.jpg
c0161326_048372.jpg
c0161326_0485922.jpg

驚き、でなく辛い2連発
c0161326_0583516.jpg

c0161326_0582289.jpg

これは驚きの方だけどなっきぃは自然にこういうポーズが出るようです
c0161326_125827.jpg

言いたいだけちゃう?感は既にありました
c0161326_2374816.jpg

躊躇無し
c0161326_134787.jpg

躊躇有り
c0161326_14512.jpg

梅さん引き出しあるなー
c0161326_165818.jpg

見てる方も「え?」なんだけどこのくだりにやられた人続出でしょう
c0161326_18024.jpg

c0161326_1112135.jpg

c0161326_1114480.jpg

引き出しはまだあります
c0161326_1143617.jpg

こんなにも真剣な梅さんを見るのは初めてです
c0161326_117370.jpg

キャプチャの人ありがとう。今回これでも控えめなくらいイイのが沢山ありました。
[PR]
by 7492b10 | 2008-12-26 00:03 | media | Comments(0)

Tina Brooks True Blue

c0161326_21335351.jpgTOJJ-6516 (BN-4041)
side-1
1. Good Old Soul
2. Up Tight's Creek
3. Theme For Doris
side-2
1. True Blue
2. Miss Hazel
3. Nothing Ever Changes My Love For You


Freddie Hubbard, trumpet
Tina Brooks, tenor sax
Duke Jordan, piano
Sam Jones, bass
Art Taylor, drums
1960年6月25日録音


空中キャンプからのバトンでTrue Blue。2004年ブルーノート65周年記念、東芝から。ジャケ画
像が切れているのは所詮うちはA4サイズの家庭用スキャナなのでコーティング・ジャケットの貼
り合わせが上手くいかないのです。

☆RVGマスター使用
☆カッティング/小鐵 徹 (日本ビクター)
☆コーティング・ジャケット
☆180g 重量盤
定価3500円

Music Mattersの45回転2枚組は買ってないし、6ケタをつぎ込む覚悟はまだないけどオリジナル
のモノラルもいつの日か聴いてみたい。ちなみにこれはブルーノートのアルバムを集めていた時期
に東芝かキングかは覚えてないけど、あの素晴らしいジャケを認識していて購入。で、やられる、
みたいな。これは帯の煽りにまんまと乗せられた、ところもあるけど買い直したのです。

確かに自分の中では「完成度の高い名盤」ではあるけど、そう呼ぶより「肌に合う」って言い方を
して思い入れを込めたくなる、そんな1枚。
このアルバムの最大の魅力はなんと言っても楽曲の良さ。とにかく良曲のみ。で6曲中5曲をTinaが
作曲していて、しつこいようだけれど、そのどれもが素晴らしい上にカバーのラス曲Nothing〜が
バラードじゃないのにロマンティックな気分になってしまう、っていう。とにかくアルバム通して
洗練された、それでいて熱さもある、イイ演奏をメンバー全員でしていてソロでも当たり前のよう
に格好良かったりグッとくるフレーズがガンガン出てくる。ブルーノートはこの時代、ハードバッ
プはやっぱり最高だなー、とか言わずにはいられない。
というわけで突然、みたいだけどハードバップという言葉の意味する定義をわかりやすく書いてあ
る文章がジャズ批評110号特集ソニー・クラーク、79ページにあるので引用。

「美しい合金」のために 〜ジョン・ゾーンとハードバップ [村井康司]
〜ブルースの形式、ラテンのリズムや旋律、ティンパン・アレイ・スタンダード風のコード進行や
メロディ、ビバップ的な複雑なリフ、アラビア風エキゾティズム、クラシックの小品を思わせる典
雅なライン......。クラーク、モブレー、ドーハム、レッドなどのハードバッパーたちが書いた曲は、
その前のビバップ時代、その後のモード流行期のオリジナルに比べて、圧倒的にヴァラエティに富
んでいてメロディアスだ。そして不思議なことに、彼らのオリジナル曲は彼ら自身が演奏すること
によって、「ハードバップ」という確固とした枠組みにしっくりと馴染み、本来の多様性が際立た
なくなってしまうのだ。

Tinaの作曲能力は上記全てを兼ねそろえていた。だけど素晴らしい曲を書いても、イイ演奏をして
も生前発表できたリーダー・アルバムはこの1枚のみ。42歳で亡くなってしまった彼のことを考え
ると悲しくなったりする。今では未発表に終わっていた3枚のアルバムも出ているし、多くの人に
も知られている。でも生きている時にもっと、みたいなことを思ったりもする。

ただこのアルバムを聴いている間はそんなこと全く思わずに素敵な時間が過ぎて行く。
[PR]
by 7492b10 | 2008-12-24 23:28 | LP | Comments(0)

メリークリスマス!!℃−uteからのクリスマスメッセージ

ちっさーかわいすぎ!
c0161326_1135399.jpg

[PR]
by 7492b10 | 2008-12-23 01:14 | media | Comments(0)

Fishmans 空中キャンプ

c0161326_21014100.jpg

POLYDOR (POJH-1001/2)
1996
SIDE 01
1. ずっと前
2. BABY BLUE

SIDE 02
3. SLOW DAYS
4. SUNNY BLUE

SIDE 03
5. ナイトクルージング
6. 幸せ者

SIDE 04
7. すばらしくてNICE CHOICE
8. 新しい人


この特殊ジャケット、クリア・ビニール2枚組アナログ盤の裏ジャケを見るとリリースは8月25日
になっているけどもう少し発売が遅れたような気がする、というのは気のせい?どうも買ったのは
「SEASON」よりあと、っていう記憶が。ちなみにCD空中キャンプは2月1日発売とのこと。

周りでは「幸せ者」の歌詞が話題で人気でしたが、僕は「ずっと前」の高揚感も悲壮感もないのに
胸に沁みる、というと陳腐だけど、そのメロディーと歌詞でこのバンドの大ファンになりました。
とにかく他の楽曲も素晴らしいしアルバムを通して聴くと曲の世界観をより強固にするかのような
音像にも驚いたし圧倒された。それと関係のある話でこのアナログ盤凄く音がイイなぁ、とずっと
思っていたのだけれど8年後に知ることがあって、2004年にブルーノート65周年記念として東芝
からリリースされたTINA BROOKSのTRUE BLUEを買ったとき帯に☆カッティング/小鐵 徹 (日本
ビクター) の文字が。あー、空中キャンプにクレジットあった人じゃん、え?凄い人なの?てな感
じで帯裏解説以下参照。

c0161326_14423390.jpg

カッティングはスゲー大事なんだよ、URの奴らもMOTOWNの7inchの音が凄くよかったから当時の
カッティング技師に頼んでるんだって、日本人のアーティストも一時アナログ出すのが流行ったけど
ショボい音のが多かったもんな、マスターから落とす作業はCDとアナログじゃ全く別物なのにねぇ、
とか言っていたら空中キャンプCDのブックレットにもCUTTING ENGINEER : TOHRU KOTETSUの
文字が。えー!? いや、待て、アナログのクレジットはCUTTING ENGINEER for Digital Mastering:
TOHRU KOTETSUで少し違う?といった新たな疑問。でもこれもまた後年にある意味解決。小学館か
ら出ている「フィッシュマンズ全書 小野島大:編」163ページ、サウンド&レコーディングマガジン
1996年3月号ZAKインタビューから抜粋。

「〜まずDATに録ったマスターから1回アナログ盤にカッティングしている。ビクターの小鐵 (徹)さ
んという方に1曲ごとに1枚ずつ全部外周部分にカッティングしてもらったんです。(以下略) 」

正直Digital Masteringの文字が加わったことがCDとアナログのマスタリングの具体的な違いなのか
はわからないけど、間違いない人が間違いない仕事をした、ということで。

CDブックレットにも使われている写真だけどアナログ裏ジャケとてもイイです。
c0161326_211797.jpg

[PR]
by 7492b10 | 2008-12-22 16:08 | LP | Comments(0)

Fishmans SEASON

c0161326_23565291.jpgPOLYDOR (PODH-1324)
1996
1. SEASON
2. I DUB FISH





















短冊シングルって改めて妙なデザインですね。
突然、みたいですがフィッシュマンズと℃-uteはどうしても言葉にしておきたいことがあるので。

初めて買った彼らのCDはリアルタイムだから1996年の9月のよう。友人が大ファンでなんとなく
興味を持って、でした。感想はカッコイイ、だけどSEASONの歌詞の "忙しくて 会えないねえ"
には違和感じゃないけど「忙しくても会うよ!」みたいなことを語ったり。その後Long Season
ではその歌詞がないことに反応したり、どっかの雑誌のライターも同じようなこと書いてたな。
今、思い出すのはそういうこと。

c0161326_00055.jpg



[PR]
by 7492b10 | 2008-12-20 00:58 | CD | Comments(0)

℃-ute FOREVER LOVE

c0161326_2238861.jpgEPCE-5586~7 [初回生産限定盤] CD+DVD
【CD】
01. FOREVER LOVE
02. セブンティーンズ VOW
03. FOREVER LOVE (Instrumental)
【DVD】
●ジャケット撮影メイキング







c0161326_23314741.jpgEPCE-5588 [通常盤]
01.FOREVER LOVE
02.セブンティーンズ VOW
03.FOREVER LOVE (Instrumental)












なぜか今更書きます。
フラゲ日の夕方に地元の小さなタワレコに行ったら、ちゃんとCDの棚に℃-uteコーナーがあって
ジャケを表面にしてディスプレイしていたのには驚きました。当たり前?

で曲の感想、まずFOREVER LOVEはマイナー調のABメロからサビでおもいきり変わるメロディー
の展開とギターバンドの new wave discoって感じのイントロはかなりカッコイイけど全体的に音
が軽過ぎで低音が弱すぎる。アイドルの曲だから、ってことは理由にならないでしょ。
あと歌詞もかなり残念な出来。歌割りもシングルは基本ずっとこんな感じだけど、それも細かく割
ったり変えてみてもいいと思うけど。
セブンティーンズ VOWは手癖で作ったようなメロディーにバンド・アレンジはさすがにアレなの
でとりあえず打ち込み多め、そして例のコーラスに"感謝もの"の歌詞と駄目要素テンコ盛りなのに
嫌いになれない、っていうのはCDイベ見たあとの感想になっちゃている気がするのはその通り。
ジャケは通常盤の方がイイけど、衣装が黒スーツなのは予算が安いから?

メイキングからのキャプチャ久々に頑張りました。
イイ表情マイマイ
c0161326_20102911.jpg

女優?てな感じの美人顔ちっさー
c0161326_0253854.jpg

そして最高の笑顔ちっさー
c0161326_0273058.jpg

愛理3連発ありがとう有原カメラ
c0161326_0292680.jpg

c0161326_0294224.jpg

c0161326_0295438.jpg

[PR]
by 7492b10 | 2008-12-19 01:17 | CD | Comments(0)

よろセン! ファッション史

授業はひたすら「熊井ノート」を読み上げて重要と思われる単語を復唱するという、つまらないもの
でしたが、♪ランララララ〜なんて歌いながら歩くシーンにはやられたし、なによりも熊井ちゃんが
楽しそうだからそれでいいじゃん、って結論しか無いんですけど。
c0161326_1833106.jpg

(熊井ちゃんだけ) 楽しそう
c0161326_7272187.jpg

キャプチャの人ありがとうだけどこの週は正直イマイチでした、ごめんなさい
[PR]
by 7492b10 | 2008-12-15 21:20 | media | Comments(0)

℃-ute FCイベント第10弾 ~キューティーランド2~

内容
劇「真冬の寝る子は℃-ute」
特別出演:ルーム長 バカヒロ

存続希望結果発表VTR
MC
みんなでアカペラ「きよしこの夜」
わっきゃない
FOREVER LOVE
ディスコクイーン(全員 ハーフ)
LALALA幸せの歌(ハーフ)
まっさらブルージーンズ
JUMP

握手後にスタッフから
℃-ute Special CD~キューティーぐだぐだクリスマス2008~のプレゼント


FCに入ってない自分としてはバスツアーとかパシイベはまだ我慢でき、Buono! 横浜はちょい行き
たく、前回のランドでは著作権の都合によりDVD収録は出来ない、会場でのみレコ大新人賞の受賞
瞬間楽屋映像が流された、というのは凄くうらやましかった。
そして今回はそんなレベルでない程に...
「真冬の寝る子は℃-ute」が観れないってことが、かなしくて、かなしくて、かなしいんだよ!

でも塩田さんと℃-uteがまた一緒に仕事をしてくれて嬉しいです。
[PR]
by 7492b10 | 2008-12-14 22:44 | event | Comments(0)

bayfm公開生放送 GROOVE FROM K・WEST 12月10日

前日夜、いつのまにか気絶。目が覚めると夜中の3時半で熊井ちゃん2回目よろセン!の録画を忘
れているし、暖房が直に当たっていて調子悪いし、それでもまだまだ眠いし、でもなんとか6時に
起きて、なぜだか余裕で朝食食べて、出発したのが7時半。現地着が8時半の少し前。
雨は上がって気温も上がってきたけど何せ日陰で足下が寒く、ひたすら立って待って結局整理券は
60番台。それで集合時間の18時まで何をするかというと、都心に出ても家に帰ってもあまり変わ
りがない移動距離なので一旦帰宅。

18時過ぎに50番区切りで入場開始。なのに、なぜか、30人程しか座れない座席に座れるミラクル
が発生!不正のしようのない一人ヲタなのに不思議なことがあるものです。とりあえずメンバーが
出てくるまで1時間以上はあって体力的にも助かったし、何より凄い至近距離でした。

そんな感じで℃-ute登場。それにしても、あれは私服?梅さん派手系、舞美はちょいモサ、そして
愛理は綺麗な深い青のワンピースが最高に可憐でした!

出演時間は短かったけど、あの距離と、曲の間にオンエアでは聴けない喋りとか聴けたし、と言っ
ても記憶はかなりおぼろげですが思い出せる範囲でいくつか。舞美はここに来る前にメンバーとや
るクリスマス・パーティーの買い物をしてきた、プレゼントは悩んだあげく他にいいのがあるかも
しれないので今回はとりあえず保留で次にお母さんと買いに行く、クリスマス・カードは買ってき
た、3人共優柔不断で買い物とかすぐ決められない、℃-uteでそういう決断がすぐ出来るのは誰?
という質問には「萩原舞ちゃん」とのこと。愛理は今日ちょうど学校の授業でクリスマス・カード
を作ったとか。梅さんメインの話は無し、か記憶に無いか、です。曲の間だけだからたぶん前者。
あとこれは当たり前なのかもしれないけど番組中や終了後、パーソナリティーへは勿論、ADにも
ことあるごとにきちんと頭を下げていました。

これが今年最後の℃-uteに会える機会だったのでホント行けてよかったです。
[PR]
by 7492b10 | 2008-12-11 23:10 | media | Comments(0)

よろセン! ℃-ute歴史偉人伝

てっきりスルーかと思ってたけど謝罪文出してきましたね。Yahoo!トップにもきちゃうし。
確かにメンバーが無知というのも事実。でも子供が知らないことを教えるのが大人の役目のはず。
その大人である番組制作者達や収録時現場にいた事務所のスタッフ、ちょっと理解できないものが
あるというか、そのことについていくらでも書けそうだけど気分が悪くなるので止めておきます。

いつもの人ありがとう。でも番組打ち切り、レコ大辞退、活動自粛とか不安が尽きないので今回は
とりあえず控えめです。

ドSなっきぃ
c0161326_2242622.jpg

かわいい
c0161326_225692.jpg

これまた珍しいツーショットで (元気さんの) 古畑の物真似
c0161326_225552.jpg

マリー・アントワネットのフルネームを答える愛理への栞菜の視線凄え
c0161326_22163079.jpg

[PR]
by 7492b10 | 2008-12-08 22:18 | media | Comments(0)