カテゴリ:LP( 12 )

スチャダラパー スチャダラ外伝

5月9日の日曜日に野音で行われた、スチャの20周年記念ライブのラストがブギーバッグで
オザケン (←あえてこう書きたい) 登場とか!観たかったな。ちなみに本チャンのツアーは
神奈川・東京のライブは追加も含めて先行、全落。オクは高いし、遠征する気は起きないし
といった感じ。


c0161326_034295.jpg

c0161326_035184.jpg

c0161326_04159.jpg

c0161326_041174.jpg

Ki/oon Sony Records (ZDJ2 93048 / 93049)
1994
A1. トラベル・チャンス〈カラオケ〉
A2. トラベル・チャンス〈BONUS BEAT〉
A3. トラベル・チャンス (REMIX)〈カラオケ〉
B1. 今夜はブギー・バック〈ラップ用カラオケ〉
B2. 今夜はブギー・バック (Live at BIG EGG?)〈カラオケ〉
B3. 今夜はブギー・バック (Live at BIG EGG?)〈BONUS BEAT〉
C1. 何処か…どっちか…〈カラオケ〉
C2. 今夜はブギー・バック〈カラオケ〉
D1. GET UP AND DANCE〈カラオケ〉
D2. ついてる男 '94春 〈カラオケ〉



今回このスチャダラ外伝を取りあげたのは、ブギバがどうこうじゃなくて、このツイート
読んだら僕もぐっと、きた。それで久しぶりに聴きたくなって、このプロモのみのインスト
盤を引っ張り出す。確か8000円くらい出したと思う。決して安くはないけれど、こんなの
見つけたら買っちゃうよ、的な。

GET UP AND DANCE。聴いたらぐっと、っていうよりはとても楽しい気持ちに。タイトで
いながら熱のこもった演奏が素晴らしい。こういう曲を聴いていると「音楽っていいなー」
と心から。同時にこの単純過ぎる自分の感想に「もっと上手いこと書ければ... 」と心から。
[PR]
by 7492b10 | 2010-05-11 00:06 | LP | Comments(0)

Absolutely Bad compiled by DJ BOBO JAMES a.k.a D. L.

c0161326_2313585.jpg

DBC-028
A1. FUSION CORE feat. パピー飛葉 / リーサル・ウエポン
A2. キミドリ / 八方美人
A3. 刃頭 feat. ILL-BOSSTINO / 野良犬
B1. TOJIN BATTLE ROYAL / 五重塔
B2. KUTTS / LIFE WORK
B3. ILLTECNIX / SENTENCE OF DEATH
C1. COOL SPOON feat. trf (Tokyo Ruffneck Foundation) crew / osumi & hide-bowie (Shakka Zombie),
  million doller man a/k/a kita&zawa the all, mic akira (四街道 Nature), kuro-ovi (Kimidori) /
  UGLY YOUTH THINKING (ELEGANT GIRL'S THINKING Iliicit Tsuboi REMIX)
C2. スチャダラパー / 後者 -THE LATTER-
C3. DELI feat. NIPPS, K-B (THE HIMALAYA), Mr. NICE G 13 / PASS DA POPCORN
D1. LAMP EYE / 暗夜航路
D2. D.O.I. feat. M.O.S.A.D. / EQUIS.EX.X PT.2~D.O.I. REMIX
D3. HIBAHIHI + SILENT POETS / NINE 9
E1. SUIKEN feat. NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NIGHT RIDERS
E2. TETRAD THE GANG OF FOUR / GOD SPEED (12"inch MIX)
E3. I-DeA feat. SEEDA / WHOA
F1. D.L. feat. CQ, NIPPS, a.k.a. ILLMATIC BUDDHA MC'S / BEAT DOWN -LOST TAPE FROM '92 MIX-
F2. NIPPS feat. MURO & D.L. / GALAXY PIMP 3000




今回聴いたことあったのはFUSION CORE、TOJIN、スチャ、DELI 、SILENT POETS、BUDDHAにMURO。
ちなみに初めて聴いた中ではキミドリがHARDでカッコ良かった。YouTubeには残念ながらありませんでした。

Vinyl化されて嬉しかった2曲。両方共Beatminerz直系のトラックに金八絡みのリリックが出てきてオモロい。

TOJIN BATTLE ROYAL削除されてた...


[PR]
by 7492b10 | 2010-01-08 23:02 | LP | Comments(0)

Errol Dunkley Militant Man

c0161326_17521519.jpgLovella International (LK 1001)
1980
SIDE A
1. You've Been Bad
2. You're My Number One
3. Happiness
SIDE B
1. Militant Man
2. The Look Of Love
3. Girl Be True

Ossie Hibbert:Keybord
Sly Dunbar:Drums
Robert Shakespeare:Bass
Sky Juice:Bongo Drums
Jackie Mittoo:Piano
E Barrett as the Executive Producer
Lord Koos who arranged this album
Recorded at Channel One Recoding Studio
Mix by Errol Dunkley


c0161326_1753160.jpg

まず最初に、どーでもいいんだけどLPジャケはサイズ的にうちのスキャナだと切れちゃうからデジカメ使った
けど、なんかイマイチです。もっと色合いとか修正したりするべきなのか。
このアルバムは6曲入り、つまり曲の後半はDub。そういう訳だけでなく内容も非常に良いので結構人気盤で
$80くらいしました。
クレジットにはありませんが当然ギタリストはいるしホーンもA-1とB-1,2に入ってます。まあ他のメンバーも
アルバム全曲同じセッションではないのでクレジットもあてにはならないけど。
ちなみにリリース元のLovella Internationalってこのアルバム以外出しているのかな?レコードはカナダ盤で
配給はロンドンのStarlight。それとExecutive ProducerのE Barrettって何者?Lovellaの社長とか?実際は
Lord Koos仕切りだと思う。あと、知っている人からしたらかなり無知な疑問かもしれないけどLord Koosと
Ossie Hibbertっていつもつるんでるのは理由あるんですかね?

A-1のYou've Been Badからホーン入りで超絶カッコイイ!YouTubeあったので貼っときます。
A-2のYou're My Number OneはPragonsオリジナル?で知られるMy Number One。
A-3のHappinessはHappiness Forgetsのタイトルでシングル切られていている。
B-1のMilitant Manは後半のDubが凄い無茶なMixで攻めてる。Errol Dunkley本人の仕事ってとこにシビレる。
B-2のThe Look Of Loveはホーンが気持ちイイ和み系。
B-3のGirl Be Trueはマイナー調なメロでこれもまた良し。


[PR]
by 7492b10 | 2009-10-21 17:53 | LP | Comments(0)

Funk Inc. Chicken Lickin'

c0161326_236931.jpgPrestige (PR10043)
1972
SIDE ONE
1. Chicken Lickin'
2. Running Away
3. They Trying To Get Me

SIDE TWO
1. The Better Half
2. Let's Make Peace And Stop The War
3. Jung Bungo







Let's Make Peace And Stop The War
YouTubeで聴けます


[PR]
by 7492b10 | 2009-08-06 23:17 | LP | Comments(0)

Mellow Madness compiled by DJ BOBO JAMES a.k.a D. L.

c0161326_2237554.jpg

DBC-027
A1. キエるマキュウ feat. KASHI DA HANDSOME / DO THE HANDSOME
A2. YOU THE ROCK / FUKUROU (YAKANHIKOU)
A3. KAMINARI-KAZOKU feat. HI-D / 哀愁 '97
B1. SUIKEN × S-WORD feat. D.L. / STONE STEALERS
B2. SOUL SCREAM / 君だけの天使
B3. RIP SLYME / 白日 (ALBUM VERSION)
C1. TWIGY feat. P.H.FRON / 夜行列車
C2. MURO / 真ッ黒ニナル迄
C3. YOU THE ROCK feat. TWIGY / FREE
D1. キミドリ / 自己嫌悪
D2. ECD / SUMMER MADNESS
D3. PRIMER / ORANGE
E1. スチャダラパー / サマージャム '95
E2. MELLOW YELLOW / V.S.O.P. Part Ⅱ
F1. HELL RAISER CARTEL feat. TWINKLE, IQ∞, JOHNNY DIABLO /
  SUPA M.C’S PT.2 (L.W. PT.3) ~SKY HIGH MIX
F2. BUDDHA BRAND / ブッダの休日



聴いたことあったのはBUDDHAとスチャとキミドリ、HELL RAISER CARTELの4曲。
マキュウのDO THE HANDSOME、トラックが最高に気持ちイイ。O'Jays Meet The Momentsに
収録のMeeting You Was No Mistakeが元ネタだって。
前作以上にインストで聴きたい曲が多いです。


[PR]
by 7492b10 | 2009-07-29 22:35 | LP | Comments(0)

Mary Lou Williams Trio Free Spirits

c0161326_061187.jpgSteepleChase Records (SCS-1043)
SIDE ONE
1. Dat Dere
2. Baby Man
3. All Blues

SIDE TWO
1. Tempatation
2. Pale Blue
3. Free Spirits
4. Blues For Timme

Mary Lou Williams, Piano
Buster Williams, Bass
Mickey Roker, Drums
Recorded at C.I. Recording, July 8, 1975.


c0161326_0515515.jpg

それでもアナログ見つけたら買っちゃう。値段もたしか1800円くらいだったし、アルバムの内容自体イイ。
Bobby TimmonsのDat Dere、悪い意味でなく気持ちが沈むBaby Man。勿論Miles DavisのAll Bluesに
ちょいエキゾなTempatationなどなど。語彙もナイので全曲感想は無理なので終わりにして疑問というか
このアルバムなぜかデンマーク盤なのです。裏ジャケにライナー書いてる人もそれっぽいからオリジナル?
ちなみにライナーは英語で書かれているので、どうしてこのアルバムがデンマークのレーベルから出たのか
説明してるかも。あとジャケ写を撮ったNils WintherがプロデューサーでカバーデザインはLissa Winther
って家族?調べたらこのアルバムでエンジニアをやっているFreddy Hanssonに先の2人を加えた3人揃って
SteepleChaseの他のアルバムでもクレジットされていました。そんな小さな会社と思いきや、今現在でも
新譜を出している、歴史と地力あるレーベルのようです。


Mary Lou Williams
c0161326_0595440.jpg

Buster Williams
c0161326_10860.jpg

Mickey Roker
c0161326_101713.jpg

[PR]
by 7492b10 | 2009-06-16 02:25 | LP | Comments(0)

Hard To The Core compiled by D.L a.k.a DEV LARGE

c0161326_239101.jpg

DBC-026
A1. YOU THE ROCK & DJ BEN THE ACE / OVER THE BORDER
A2. MAKI & TAIKI feat. ZEEBRA, MUMMY-D / 末期症状
A3. GO FORCEMEN / COMBO
B1. KAMINARI-KAZOKU. feat. D.L & DEN / SOUL BROTHER
B2. 餓鬼レンジャー / サタDefナイツ
C1. RINO / 夕陽のタンガンマン
C2. LUNCH TIME SPEAX / GROUND ZERO
C3. UZI feat. Kenta5ras, Dev Large, 秋田犬どぶ六, Maccho / FIVE DEADLY MICS
D1. DJ BEAT feat. SOUL SCREAM / FREE WAY
D2. NIPPS feat. K-BOMB, XBS, GORE-TEX, DEV MOB X / GOD BIRD
D3. キエるマキュウ / ナゼナラ
E1. KAN, PRIMAL, 02, 太華, SHINGO☆西成, MEGA-G, メシアTHEフライ, SATUSSY,
  ERONE, HIDADDY, 志人 / 暴言
E2. MICROPHONE PAGER / RAPPERZ ARE DANGER
E3. MURO feat. D.L. / CHECKMATES
F1. RHYMESTER feat.KING GIDDRA & SOUL SCREAM / 口から出まかせ
F2. BUDDHA BRAND feat.NIPPS, LUNCH TIME SPEAX / DON'T TEST DA MASTER



売り切れだと欲しくなり、いざ店頭にあったらちょい躊躇。DMRに残ってたのは制作してたからか。
聴いたことあったのはBUDDHAとNIPPSとLUNCHの3曲だけ。
感想は96年くらいまでは今やってる人達もフロウが全然違う。それを考えるとBUDDHAは勿論だけど
LUNCHも始めから完成されてたんだね。
トラックがどの曲もカッコいいから売れたらインスト盤も是非出してほしいです。
でもシングル音源だけじゃないので手間やら、なにやらで無理かな。

ネタが素晴らしいのでDJ BEAT feat.SOUL SCREAMのFREE WAY

[PR]
by 7492b10 | 2009-05-30 00:46 | LP | Comments(0)

Eric B. & Rakim Follow The Leader

c0161326_23584473.jpgUNI Records (UNI-3)
1988
SIDE ONE
1. Follow The Leader
2. Microphone Fiend
3. Lyrics Of Fury
4. Eric B. Never Scared
5. Just A Beat
SIDE TWO
1. Put Your Hands Together
2. To The Listeners
3. No Competition
4. The R
5. Musical Massacre
6. Beats For The Listeners



とはいえFunky Drummerがブレイクの最高峰、なのは事実。
Eric B. & Rakimの2ndアルバムFollow The Leaderの3曲目Lyrics Of Furyでの使い方がシンプルな
ループなんだけれど素晴らしい。地の底から響いてくるかのようなこの鳴らし方。
フリーキーでハードな上ネタの感覚も88年にしては早過ぎるし、そこにこれまた最高峰のMCが。
ふるえがくるなー。

でもこれEric B.が作ったとは思えない。3rdアルバムをPaul Cが制作中亡くなり弟子のLarge Professorが
引き継いだ話は有名な噂だけど、ひょっとして既に2ndでもこの曲だけ、とか?


[PR]
by 7492b10 | 2009-05-24 00:58 | LP | Comments(0)

Fishmans 8月の現状

c0161326_1355260.jpgPOLYDOR (POJH-1024/5)
1998
A1. ナイトクルージング1
A2. ナイトクルージング2
B1. SUNNY BLUE
B2. Just Thing
C1. ずっと前
C2. 静かな朝
D1. バックビートにのっかって
D2. 新しい人












アナログ盤はカバー・ビニールにステッカー付き。そしてジャケットもレーベルでもSUNNY BLUEとずっと前が曲順
違いのミスプリ。B-1はずっと前、C-1はSUNNY BLUE。上ではわざと表記通りにしましたが、一瞬本当にこの通り
の曲順だと思い、こんな大きな違いに気づいてなかったのかとあせりました。
Cutting Engineer:Tohru Kotetsu (JVS MASTERING CENTER) のクレジット。

リリース日は98年8月19日となっているけど、そういえばこのレコード沖縄で買ったこと思い出した。
[PR]
by 7492b10 | 2009-04-11 02:39 | LP | Comments(0)

Tina Brooks True Blue

c0161326_1923460.jpgMMBST-84041
side 1
1. Good Old Soul
side 2
1. Up Tight's Creek
2. Theme For Doris
side 3
1. True Blue
2. Miss Hazel
side 4
1. Nothing Ever Changes My Love For You

Freddie Hubbard, trumpet
Tina Brooks, tenor sax
Duke Jordan, piano
Sam Jones, bass
Art Taylor, drums
1960年6月25日録音



Music Matters社の売り文句
☆45rpm180g重量盤2LPオリジナルマスターテープ使用
☆特注ラミネート紙のダブル・ジャケットに表ジャケットはオリジナル盤の4倍もの高画質
☆フランシス・ウルフの手によるネガ・フィルムの使用権、内ジャケにそれらのネガから起こされた未公開写真

そのまま順番に感想
☆勿論いい意味で45回転2枚組とか考えた奴アホかと思いました
☆あくまで東芝のコーティング・ジャケと比べてですが濃すぎて違和感、さすが4倍ピッカピカ
☆フツーにこれが見たい、っていうのがあります


ということで内ジャケ写。年齢はWiki Englishによる生年で。

28歳Tina Brooks
c0161326_197647.jpg

22歳Freddie Hubbard若い!
c0161326_1974133.jpg

38歳Duke Jordan
c0161326_1975651.jpg

36歳Sam Jones
c0161326_1981547.jpg

31歳Art Taylorグラサン
c0161326_1983688.jpg


肝心の「音」ですが片面1〜2曲だから音圧凄い、っていうより各楽器かなりハッキリ、かつバランスよく鳴っている気が。
と言ってもそれほどのシステムで聴いている訳でもないのだけれど。ちなみに制作している人間もMusic Mattersとかぶっ
ているAnalogue Productionsの45rpm180g重量盤2LPはどうなんだろう?

Music MattersのBlue Noteを買うのは2回目で半年だか数ヶ月前に4枚、で今回も4枚購入。ちなみに値段は$50×4に送
料$30くらい。日本のショップだと8千から1万。オクで出してるのがかなり安い。人ごとながら儲け出ているのかな?

アルバムの内容は以前書いたように最高です。改めて。
[PR]
by 7492b10 | 2009-03-22 21:54 | LP | Comments(0)